歯周病

歯周病(歯槽膿漏症)とは

人間の歯の見えている部分は、3分の1程度で残りの3分の2を歯根と呼びます。歯根は、歯グキの中で骨と共に歯を支えており、この歯根と歯グキの境目は非常に弱い所です。現在、日本では成人の9割以上がこの病気(歯周病)にかかっており、歯を抜かなければならなくなる原因のおよそ半分歯周病によるものです。

歯ぐきが腫れ、口臭がある
歯ぐきから出血しやすい
歯がグラグラして硬いものが噛めない

こんな症状で悩んでいる方は、歯周病が疑われます。 

歯周病の原因

歯の表面性状は材質的に陶器のお皿に近く、食後お皿に汚れがつくように歯にも同じ様な汚れが着きます。お口の中は湿度100%で、体温によって温度も一定に保たれており、この様な環境の中に汚れたお皿を放置しておけば必ずカビが生えます。同じ様に歯も磨かずにいれば歯の表面にカビが生え、このカビのことをプラーク(歯垢)と呼び、カビの出す毒素が歯周病の原因となります。また、歯ブラシ等でこれをきれいに除く事をプラークコントロールと言います。

歯周病の進行度とその検査

歯と歯グキの間にある隙間を歯周ポケットと呼び、歯周病の進行度の検査はこの深さを測定します。健康な歯グキの場合この深さは1ミリ程度で、3ミリ以内であれば上手に歯磨きをすることで、ポケットの中の汚れを取り除けます。しかし、3ミリ以上であれば歯周病が進んで行く状態にあり、処置を必要とします。

歯周病の治療

日常生活におけるプラークコントロールが治療のベースとなります。(歯科衛生士による一人一人に適した指導が必要です。)次に、歯石除去や歯グキの外科処置等、歯科医院での処置を受けることによって、歯周ポケットをおおむね3mm以下にする事が出来れば、歯グキの健康が保てます。ただし、健康を保つには定期的な検診におけるプラークコントロールの指導や、歯石除去が一年に2~3回必要となります。

 

健康な歯グキを保つため、治療後も必ず定期検診を受けて下さい。

 

診療内容

最新設備のご紹介

最新のお知らせ一覧

診療時間

Copyright(c) 2012 医療法人社団 井上歯科クリニック All Rights Reserved.