MI(ミニマル・インターベンション)※保険外治療

MI(ミニマル・インターベンション)とは

ムシ歯になった部分を最小限の範囲で削り、そこに特殊なプラスティックを流し込み接着する、審美性に優れた治療法です。

今までの治療法のデメリット

今までの治療では、ほんの少しのムシ歯であっても、上から銀色の詰め物をかぶせる為に、かなりの部分を削らなければなりませんでした。しかも、歯と詰め物との間には、100ミクロン程度の継ぎ目が出来ます。その部分を接着剤で埋める訳ですが、その接着剤も唾液によって7~10年で溶けてしまい、そこから細菌が入り込み(細菌の大きさは8ミクロン程度)、2次的なムシ歯へと繋がってしまうのです。
また、見た目にも、銀色の歯はあまり美しいとは言えません。先進諸国の中では、未だに歯に金属を用いているのは、日本くらいのものです。

 

今までの治療では、ほんの少しのムシ歯であっても、このような銀の詰め物をするために、かなりの部分を削らなくてはなりませんでした。

MIのメリット

新しい接着法、審美性プラスティックの開発により、歯との継ぎ目を殆どなくし、2次的なムシ歯の発生を抑える事ができます。
歯を削る量が、従来の半分以下で済みます。
審美性に優れ、美しい口元を保つことができます。
従来の審美歯科治療に比べ、かなりの低価格。ハイブリッドインレーでは5万円以上かかっていたものが2万円~と、従来の半額以下で治療できます。
金属アレルギーの方にも安心です。

 

 

症例 1

症例 2

症例 3

 

診療内容

最新設備のご紹介

最新のお知らせ一覧

診療時間

Copyright(c) 2012 医療法人社団 井上歯科クリニック All Rights Reserved.