ムシ歯の治療と予防

ムシ歯の原因

歯は何もない状態では、ムシ歯にはなりません。ムシ歯になる原因は、まず口の中に細菌がいて、その細菌の栄養素となる糖分があり、細菌が活動する時間がある事。その条件が揃ってはじめてムシ歯になるのです。
細菌はプラーク(歯垢)の中で糖分などの栄養素を分解し、酸をつくります。その酸が歯のカルシウムなどをとかしてしまいます。

脱灰と再石灰化

『脱灰(だっかい)』とは、歯質からカルシウムなどのミネラルが溶け出してしまう事。『再石灰化(さいせっかいか)』とは、口中に含まれるミネラルが脱灰した部分に再び沈着し、再生する事を言います。歯の表面のエナメル質は、毎日この『脱灰』と『再石灰化』を繰り返しています。

上図のように、飲食の度に脱灰は起こりますが、時間を決め、間隔をきちんと開けていれば、再石灰化が促進され、回復します。逆に、飲食を頻繁にしていると、その度に再石灰化が寸断され、脱灰の状態から回復できなくなってしまうのです。

それからもうひとつ!ムシ歯になりやすい人、なりにくい人がいるのをご存じですか?体質や生活習慣によって個人差があるのです。ムシ歯にならない為には、自分の唾液の性質を知る事も必要です。
当院では、簡単なテストで唾液の性質を調べる事が出来ます。ぜひ、ご相談下さい。

MIでのムシ歯治療(保険外治療)

当クリニックでは、従来の保険治療に加え、最新の治療法も取り入れています。

MI(ミニマル・インターベンション)とはムシ歯になった部分を最小限の範囲で削り、そこに特殊なプラスティックを流し込み接着する、審美性に優れた治療法です。

詳しくは「MI(ミニマル・インターベンション)」のページをご覧ください。

 

診療内容

最新設備のご紹介

最新のお知らせ一覧

診療時間

Copyright(c) 2012 医療法人社団 井上歯科クリニック All Rights Reserved.